夜勤専従で東京看護師の年収は?

夜勤専従の年収は488万円。
東京都内ベースですが、500万を超える実績です。
この金額には賞与など手当ては含まれていません。


東京の夜勤専従の年収が気になる方へ。

「東京都内の夜勤専従なら年収はどのくらいので、どんな求人があるか?」
「夜勤専従で半年後に求人募集が出そうなクリニックはあるか?」

こういった疑問や質問に無料で回答、求人提案してくれるのが看護師求人サイトです。

勤務中の方も、職場を探しているナースさんも利用できるのが特徴で、
求人の紹介やハローワークなどには出てこない非公開、急募の募集状況まで無料登録後に確認可能です。

ハローワークと違い年収はもちろん、残業の実態や人間関係、有給が本当にとれるかどうか?
など細かな点まで条件提示してくれます。

・良い施設があれば転職を考えてもいい・・・・

・都内で夜勤専従の看護師求人を見てみたい。


そういった方にはお薦めです、

今すぐの転職でなくても対応してくれるので、転職を考えたら無料登録してみてください


一切料金はかかりませんし、気に入らない情報はどんどん断っても大丈夫なので、東京の夜勤専従の求人内容を教えてもらいましょう。

職場はもちろん家族にも誰にもバレません。情報収集大歓迎の求人サイトです。

東京の場合であれば「看護のお仕事」さんは必須です。
就職祝金5万円支給や、ママさんナースの転職サポートには定評と実績があります。
無理な転職も薦めてこないですし、少し先の転職や情報収集目的の利用も歓迎しています。
ブランクが職場復帰を考えるママさんナースでも研修・フォロー体制の整っている病院施設も紹介可能。

こちら→「看護のお仕事」 無料で提案を必ず受けられます!

無料登録後に「滅多に見る事の出来ない施設の求人」を確認してみて下さい。

夜勤専従の求人も年収も高めです。

東京の看護師求人の動向

看護師求人は沢山ある時期と求人がほとんどない時期があります。
一番活発なのは9月と3月です。
この時期に転職を実現させるナースは全体の7割弱になります。

ここで考えて欲しいのは転職は基本的に3カ月くらい前から情報収集を行い、働きながら次の病院やクリニックを探すのが一番確実です。
看護師は色々な施設や場所で働けますから、退職後にハローワークなどで求人探しをしてもいいですが、ハローワークなどは「誰でも見れる求人」しか集まりませんし、ブラックなクリニックや病院も多いのは事実。
ハローワークでは施設の提示している条件(給料や有給有無)しか分かりません。
例えば有給制度があったとして、実際にそこの職場のナースが取得しているか?休みが取れるのか?は別問題。

転職で失敗した!後悔した!と思うのは「イメージや予想と違う!」という意見です。
つまり理想と現実にギャップがありすぎるという事。

都合の良い条件しかクリニックも病院も書きません。
残業代ありと書いてあっても、実際には「サービス残業」として月に10時間までしか認めない・・・・など珍しい事ではありません。

そういう理由から様々な施設がある東京地域では「看護師求人サイト」を利用するのが確実。
募集情報もあまりに膨大ですから、自分だけで決めるのは不安ですが看護師求人サイトでは専任者が転職までサポートしてくれますし、中には面接にも同行したり、退職までの流れや手続きもフォローしてくれます。
最寄駅や休日、夜勤か日勤か?などの希望条件を伝えておけば、その条件にマッチした募集求人を探しだしてくれます。

今までは転職活動は自分で行うものでした。
しかし医療業界、特に看護師の求人や転職については看護師転職、求人サイトに頼るのが間違いないでしょう。

ただし看護師転職サイトも無数にあります。
中には悪質な求人サイトも存在し、職場まで電話をかけてくるという事もあります・・・
情報収集目的なのに無理な転職を進めてきたり、条件と違う職場や求人を平気で紹介したり・・・

そういった看護師求人サイトは使わないようにしましょう。
ランキングサイトなども無数にありますが、多くは根拠もなく、ステマ的なサイトも多いので。

まずは東京の看護師求人や募集情報に強いサイトを2つ選び、無料登録してみましょう。


参考になる転職サイト:看護師求人ハローワーク


看護師として働いている人が転職を考えるとき、その理由はいろいろあります。
かなり過酷な労働状況になっていて、当然残業も発生します。
責任感・忍耐・協調性など必要とされている仕事とわかっていても、労働条件の厳しさから長く働くというのは難しいのかもしれません。

又、医療技術の進歩や、高齢化などによって、看護師の仕事は、ますます重要になり責任も重くなります。

仕事の内容も細分化し、看護師の知識や技術もますます専門化し、より高度なものが求められてスキルアップを望む人もいます。
その為には、専門看護師や認定看護師といった資格を取る必要があります。

看護師の中でも専門看護師は、日本看護協会が認定する国家資格で実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究の役割を果たします。

専門分野は、精神看護・がん看護・老人看護・小児看護・地域看護・母性看護・成人看護・感染看護・クリティカルケア看護の9分野で、家族・個人及び集団に対して水準の高い看護ケアを効率よく提供するための知識を学ぶ必要があります。
必要な実務経験は、通算で5年以上、特定の分野について実務経験が3年以上あることが条件で、看護師の免許だけでなく保険師や助産師免許の取得者でなければいけません。

1996年にスタートして、歴史も浅いことから、まだ全国で186人しか認定されていませんが、複雑で解決困難な看護問題を抱える現代にとってますます必要な資格になるでしょう。

ナースバンクと看護師求人サイトとありますが、その違いはなんでしょうか。

ナースバンクは、看護協会が各都道府県の公共職上安定所(ハローワーク)と協力して運営している看護師の転職支援サービスです
これは、公共のサービスなので、無料で利用出来ます。

これ以外の、看護師求人サイトは、民間の企業が運営しています。
ナースバンクは税金により運営されていますが、他の看護師求人サイトは、転職先からの病院や企業からのお金で運営しているので、利用する場合も無料のところが殆どです。

この二つは、転職情報を提供するという点は同じですが、ナースバンクの場合、公共サービスになるので求人情報以外のサービスはあまりありません。

民間の転職サービスは、転職先の病院や企業へ人材を紹介することで、報酬を得ているのでそのサポートも充実しています。

そのサポートには、専門のコンサルティングなどがついてくれて、希望に沿った求人紹介や、面接の仕方また、手続きなど、色々なことをしてくれます。

民間の場合、ナースバンクにはない、未公開求人などもあるので、より希望する転職先を見つけられる場合もあります。

どちらも、無料なので、登録は二つともして、より、条件のいい転職先を見つけるのがおすすめです。

ナースも取りたい栄養素は酵素ダイエットセサミン